キャラバン nv350 バッテリー

冬山に行くのに、寒冷地仕様にはしませんでした!

ハイエースだと、+3万円でデュアルバッテリーになったり、
その他のオプションも付いて、お手頃なのですが、

キャラバンの場合は、+8万円

 

日産の人に調べてもらったら、デュアルじゃなく、
大型バッテリーになるだけで、

私的には、いらないな、と判断。

 

雪山の友達には、「どうして、寒冷地仕様にしなかったんだ?」と、
責められましたが、

ジープ・ラングラーも、寒冷地仕様ではなく、
イエロートップの55Ahで、十分エンジンは回ります。
※サブバッテリーも完備

 

そして、サブバッテリー(アルデコ 115Ah)を2つ積むので、
スターター用としては、それだけで十分だし、
朝イチの寒い時間に、エンジンをかけることは、まずありません!!

必要と感じたら、次回、積み替えるときに、イエロートップにでも変えます(笑

***

今回は、キャンピングトレーラーに積んでいる115Ahを、併用。
つまり、必要なときだけ、載せ替えるという、めんどくさいことをします。

1つ30kgのを、移動させるのは、面倒ですが、
キャラバンと、キャントラを同時に使うことは、絶対にないので、
使わないバッテリーを置いていても、もったいないですし。

 

今回、キャラバンにも、ソーラーパネルを付けます。
もちろん、走行充電も。

ラングラーには、NewEraのサブバッテリーチャージャー(SBC-003)を付けましたが、

今回は、

CLESEED クレシード SJ101走行充電器(アイソレーター) 12V/24V兼用仕様 30Aまで充電電流対応 【過放電防止30A出力制御端子付き】【ACC電源連動可能】【メイン電源シャットダウン可能】
価格:10800円(税込、送料無料)

こっちにしようかと。

SBC-003にしたのは、出力端子が別にあって、
低電圧時には、自動カットしてくれるから、だったのですが、

これにも、同様の機能があり、メジャーじゃないですが、安いのと、
別にスピーカーを買うのですが、送料別だったので、
送料無料と同梱したら、スピーカーの送料がいらないからです。。。

 

ちなみに、

CLESEED 走行充電器(サブバッテリーチャージャー)SJ201

同ページ内に、SJ201というのがあって、
こちらは、ソーラーパネル入力可能となっていたのですが、

でも、ページが存在せず・・・

参 >> http://minkara.carview.co.jp/userid/2145419/car/1646238/3145865/note.aspx

 

ラングラーは、ACCに通電されると、30Aのリレーで
ソーラーからの充電とを、切り替えしていたのですが、

いろいろ調べたら、後継機SJ202というのが、発売されていて、

CLESEED クレシード SJ202走行充電器(アイソレーター) 12V/24V兼用仕様 30Aまで充電電流対応 【過放電防止30A出力制御端子付き】【ACC電源連動可能】【ソーラー入力25Aまで可能】
価格:28800円(税込、送料無料)

 

でも、SJ101と形が、同じ・・・

なので、電話して聞いてみたところ、
上記、写真にもあるように、後部に黒と赤の端子が見えていますが、

それが、ソーラーの充電端子ということでした。

 

でも、ソーラーチャージャー機能は付いていないので、
別途、コントローラーが必要みたいです。

また、走行中は、ソーラーがオフになる、ということではなく、
両方から、充電される仕組みだそうです。

しかし、お値段、28,800円

それだったら、リレーでいいよね・・・

ということで、

SJ101に決定。

 

ちなみに、今回買うスピーカーは、これ↓

キッカー KICKER CS674 16.5cmコアキシャル2wayスピーカー
価格:12200円(税込、送料別)

 

キャラバン用ではなく、ラングラーに、つけてやるんで~す。

>> http://www.flexnet.co.jp/shopblog/jeep/chibakita/blog/sjqsnd000002qwuu.html

>> http://isthis-real-life.blogspot.jp/2014/10/jkkickercs67.html

 

キャラバン nv350 バッテリー