キャラバン車中泊の電源事情

115Ahのセミディープサイクルバッテリーを2基、並列積んでいます。

【AC Delco ACデルコ】Voyager ボイジャーマリン用ディープサイクルバッテリー【 M27MF 】G&Yu SMF27MS-730 同等品

ボート)マリン(用と書かれていますが、
同じ鉛電池なので、車用のサブバッテリーとしても、使えます。
G&Yu SMF27MS-730とほぼ同じ仕様ですが、ACデルコの方が安いので、
こちらを使う人も、多いようです。

***

移動が多い前提で、キャラバンを購入したため、
今回は、ソーラーパネルは付けずに、走行充電器(アイソレーター)のみで、運用してみました。

使用している、アイソレーターは、こちら。

【バッテリーweek開催中♪】CLESEED クレシード SJ101 走行充電器(アイソレーター) 12V/24V兼用仕様 30Aまで充電電流対応 【過放電防止30A出力制御端子付き】【ACC電源連動可能】

2時間ほどの移動で、0 -> 7割程度の充電が出来、
PCVだけなら、3日ほど持つだろうと思っていましたが、全く持たず。

知り合い曰く、

  • 毎日、電子ジャーでご飯を炊き、
  • コーヒーを沸かし、
  • FFヒーターを使っても、

3日ほど持つ、と言っていましたが、まったく、ダメ。
走行充電が出来ていないだけかもしれません・・・

New Era(ニューエラー)  SBC-001B が、別の車についているので、
一度載せ替えてみてもいいのですが。


数年、車中泊生活をした結果、

  1. ガソリン発電機も試したし、
  2. 走行充電も試したし、
  3. ソーラーパネルを試した

結果、ソーラーパネルが一番、充電してくれるという結論に至りました。

また、バッテリーも進化しており、
高価だったリチウムイオンが、手頃な値段になってきました。

人気は、

Ankerの120600mAだったようですが、
今は、

suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh / 400Wh
のほうが、安いので、ユーザーレビューが増えています。

また、ソーラー充電も標準で対応しているのも、
人気の理由かもしれません。

鉛電池だと、車据え置きが基本になりますが、
ポータブルバッテリーでは、気軽に車から車への移動もできるし、
家の中で、充電しておくことだって、カンタン!

今、使っているACデルコの寿命が来たら、
こっちのリチウム電池に移行予定です。

 

キャラバン車中泊の電源事情