キャラバン 車中泊 FFヒーター

ついに、買ってしまいました!!

Webasto AT2000 STC

Webasto AT2000 STC
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r176678478

ヤフオクで、120000円でしたが、
マルチコントローラーが付属していますが、高地は非対応。

  • 高地対応スイッチを後付すれば、いいのだろうか?
  • スーパーロング・ワイドなので、火力足りる??

と、気持ち心配ですが、
2台目なのと、+20度ぐらいの室温にしたいわけではなく、
+0度であればいいので。

ディーゼル車を買う予定はまったくなかったので、
1台目を、ガソリンで買ってしまいましたが、

灯油燃料にしておけば良かったなーと!!

 

ただ、違いはポンプだけな気もするので、
ポンプだけ変えれば、動くかも?なんですが、
冒険せず、2セット目を購入しました。

もうシーズンも終わりなので、取り付けは春になりますが、
まだ買って1年足らずの新車に、穴を開けるのは、複雑な気分です。

 

Webasto FFヒーター取付け位置

ほんとはエンジンルームなどの車外において、
ダクトを、通常のエアコンの吹き出し口から出したいなと、
思うわけですが、

FFヒーターをつける前提だったので、リアヒーターは付けなかったので、
リアの吹き出し口も作らないと、とか、
いろいろ大変そうですが、試行錯誤してみます。

 

Webasto FFヒーター高地対応

Webasto STC 2000は、高地対応しているはずなのですが、
出品者曰く、「汎用タイプなので、高地には対応していない」とのことでした。

なので、高地スイッチを足しても、動作しないと・・・

高地対応とは、1500m以上の標高で、気圧が低いため、点火出来ない症状です。
高地スイッチを付けることで、

中のコンピューター(=3万円)を入れ替えれば、
高地対応するとのことでしたが、
行き先が、1500m以上のところ、長期滞在(冬)するため、
FFヒーターは欠かせないのですが、

どうせ使えないのであれば、設置している時間もなく、
この冬は諦めるかってところなのですが、

 

わざわざ「高地に非対応の製品を作るか?」、というと、
メーカー的には、わざわざそんなものを作る必要がないわけです。

そのために、オプションで高地スイッチが存在するわけで、
ボート専用ならわかりますが、RV・ボートなど兼用が基本のはず。

※Webasto Evo40/ Evo 55は、気圧センサーが内蔵しているので、
スイッチを切り替えるひつようもなく、2200mまでの標高で使用可。

 

ダメ元で、付けてみるのが、吉ですが、
そんなことをしていたら、出発が、1週間ほど遅れそうです・・・

 

キャラバン 車中泊 FFヒーター