キャラバン LEDフォグランプ 取り付け

もう冬も終わったので、使うことはないですが、
来季用といいますか?、フォグランプを付けました。

といっても、
標準的なここではなく、(ここにも付けますが)

今回は、どーんっと!!、グリル下の通気口?に付けてやりました!

JEEPラングラーに付けた写真が多いLEDライトバーですが、

@ebay

Spot/狭角 24 x 3列 = 72LED
Fload/広角 12 x 2列 x 2サイド = 48LED
合計 3W x 120LED = 360W !!

 

爆光です!!

 

どれ位明るいかと言うと、

日中、太陽サンサンの時に、

10M以上離れていても、直視出来ないレベル

 

夜には、こんな感じ

(写真準備中)

 

対向車がいるときには、とても点けれませんが、

雪が降ったとき、6000Kヘッドライトでは前が全く見えない!ので、
3000Kのフォグライトは欠かせません!!

後で黄色いフィルムを貼れば良いのですが、
今回は最初から付いているやつを探しました。

 

フォグの取り付け

取り付けは、ホームセンターで売っているLアングルなど使用し、
フレームに挟み込みました。

車検は通るの?

  • ライトが固定されている場合、配線あると、点灯しなければなりません。
  • ポジションライト点灯時のみ、フォグが点灯すること。

なので、
スイッチの電源は、ポジションライトから、配線し、リレーに接続する必要があります。
(といっても、車検のとき、そこまで確認していない様子なので、直結でも良いと思いますが)

 

フォグランプ 保安基準(位置)

  1. 照明部の上縁の高さが0.8メートル以下で、かつすれ違い前照灯の上縁を含む水平面以下
  2. 照明部の下縁の高さは0.25メートル以上
  3. 照明部の最外縁は、自動車の最外側から400ミリ以内

車検を通したあとに付けたので、
次の車検のときは、3.が指摘されるかもしれないですね?

バンパー上中央に、フォグを付けているランクルとか見ますので、大丈夫かな?

 

明るさに関しては、

数値としては上限はなくなったわけですね。ただし「他の交通の妨げにならないこと」という条件がある。細かく言えば「主光軸が下向きであること」とか、「主光軸は自動車の右外側線より右方の地上を照射しないこと」

とあり、

普通に迷惑なレベルなので、常用することはなく、大雪の時の先頭以外では、使うことはないでしょう。
あとは、普通のハイビームとして使うとかかな?

参考

 

一応、下から潜り込めば、ビス4本を外せば、ライトは外れます。
ケーブルもコネクター接続にしてあるので、最悪、それで通します。

  • 線を断線させて、通せばいい
  • ガムテープで隠せばいい

最悪、ライトを外してしまうのが、一番ですね。

 

キャラバン LEDフォグランプ 取り付け